「やばい!あつい!」は悪質勧誘

口コミ勧誘もうやめた⇒完全在宅ネットで自動集客ならここをクリック

ネットでMLMバナー3

悪質勧誘は、マルチ商法の大きな問題です。

特定商取引法では、勧誘に先立って

「氏名または名称」

「特定負担を伴う勧誘について勧誘する目的である旨」

「商品または役務種類」

を明らかにしなければなりません。

通達として、

「相手方である個人にとって最も重要であると考えられる何らかの金銭上の負担(特定負担)がある取引についての契約の締結について、勧誘をする目的である旨を、明らかにすることが必要である」

とされています。

 

具体的な告げ方として、

「一定額の健康食品を購入して行うビジネスの勧誘ですが、話を聞いてもらえませんか」

との例をあげています。

氏名・勧誘目的等の表示違反とされた例には以下のものがあります。

勧誘の内容も様々です。

・大学の後輩の学生に、「すごく儲かるバイトがあるんだけど」など。

・「事業に興味はない?将来のためにも話を聞いた方が良い。就職時に役立つ」など。

・街頭で、「ハーブ、ダイエット、インテリアに興味ありませんか?」などと声をかけ、費用負担があることなどの内容を説明せず、説明会に来るよう促す。

・「稼げる話がある」「バイトみたいなもんだから」「おいしい話がある」など。

・「好きな時にできる良い仕事がある、説明会に来ないか」など。

・「久しぶりに会ってご飯食べよう」、「時間をあけておいてくれ」。

・「ご飯を食べよう」、「会わせたい人がいる」などとのみ告げた。

・「とてもいい話がある」、「やばい、あうつい」など。

・「ご飯を食べよう」、「久しぶりに会おう」など。

・「いいところに連れて行ってあげる」、「いい話があるから話だけ聞いて」など。

・「事業立ち上げの話がある」「すごくためになる話があるから来ないか」「もうかる仕事の話をしたい」など。

・家庭用浄水器のマルチ商法取引の勧誘で、

「どこか体の痛いところはありませんか」「私と一緒に話を聞きに行きましょう。話を聞けば痛いのがなおります」など。

 

勧誘しないでインターネットで自動集客するネットワークビジネスご提案!

ネットでMLMバナー1

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です