マルチ商法の仕組み、加入者は独立した商人です!

月にいくら稼ぎたいですか?完全在宅ネットでMLM無料セミナー

240×150_c

マルチ商法とは一体どういった仕組みになっているのか?

マルチ商法とは、商品の購入など金銭的な負担をした組織加入者に、新規の加入者を勧誘させて、経済的利益を与えるという、商品販売の仕組みです。

組織の加入者は契約上、独立した商人という立場に置かれます。

商売の経験も知識もないふつうの消費者を、販売業者から給与を得る販売員としてでなく、商人という形がとられます。

また加入者は、複数のレベルに区分されて、上級のレベルほど、その資格を取得する負担を大きくする反面、商品の割引率、リベートなど有利な待遇を受けることができます。

加入者の収入源は、商品が流通する際の中間マージン、新たな加入者を増やしたり、加入者を昇格させることで、多額利益を得ることができる場合もあります。

仕組みとしては似ているネズミ講ですが、ネズミ講の本質は、会員がさらに会員を勧誘し、ネズミ算式に組織を拡大することによって、会員が下部の会員から送金を受ける金銭配当組織なのです。

マルチ商法はあくまでも商品販売方法の一つですから、ネズミ講とは違います。

ネズミ講は結局は破綻するだけではなく、加入者の相当多くの者に対して、経済的損失を与える性質があり、無限連鎖講の防止に関する法律で、全面的に禁止されていますが、

マルチ商法は、特定商取引上の連鎖販売として、規制の下行われている限り合法です。

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

ネットワークビジネスは、あなたが思っているより難しくはない!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です