悪質なマルチ商法によるトラブル例

インターネットで自動集客から成約までお任せください!!

悪質なマルチ商法によるトラブル例をあげてみましょう。

・必ず儲かると言われて、何十万もする高額な商品を買わされてしまった。

・大量の在庫を抱えさせられてしまった

・友達にただ会おうと誘われて、行ってみたら、高額商品を契約させられた

・何度も断ってはいるが、しつこく何度も勧誘される

・クーリングオフにおうじない

・一般的に考えてみても市場価格より高い商品を、絶対に儲かるからといってビジネスに誘われた

・概要書面や契約書類を渡してくれない

マルチ商法というのは、

「特定商取引に関する法律」の中で、連鎖販売取引として、定められた商品の販売方法です。

MLMつまりマルチレベルマーケティングというビジネス手法より、マルチ商法という言葉はきていて、

このマルチレベルマーケティングは、

口コミで消費を拡大していき、

やがては大きな流通を起こすことが目的のネットワークマーケティングのことです。

法律で定められたビジネスである以上、法律を遵守して、適正な営業活動を行っているうえではまともなビジネスです。

しかしマルチ商法というと、どうしても悪質なイメージがあり、その理由は、いくつか考えられますが、合法なビジネスとはいうものの、販売方法の形態から問題が起こりやすいビジネスといえます。

240×150_c

副業にネットワークビジネスを選ぶ人が増えています。

インターネットの時代に、もはや口コミ、勧誘は、

インターネットで集客する方が賢明では?

誰もがそう考えます。

友達勧誘するために100人リストアップしなければいけない、、

友達勧誘するのは、もうやめましょう!!

勧誘は、インターネットに任せましょう!!

友達100人リスアップなんて、意味のないことはやめましょう!

インターネットを使って、興味のある人にだけ説明すれば、

いいことですよね。

インターネットとMLMの結合によって、

副業に完全在宅ネットワークビジネスを選ぶ人が強上昇!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です