特定商取引法にのっとったマルチ商法

副業に、完全在宅ネットワークビジネスが人気のわけ←クリック

マルチ商法は法律で禁止されているものではありませんが、

トラブルが起きないように、特定商取引法でさまざまな厳しい規制が定められています。

・勧誘する場合、勧誘することを相手に伝えなくてはいけません。そしてその際、契約を解除させないようにウソをついて勧誘したり、おどかしたりする不当な行為も禁止されています。

・悪質マルチ商法の勧誘では、必ずといってもよいほど使われることば、絶対にもうかるからというのも禁止です。

・ホームパーティに来ませんかと誘って、そこで契約の勧誘をしてはいけません。

・長い時間勧誘を続けて、相手を困惑させるのも違法になります。

こういった禁止事項は、遵守されなければなりません。

逆に言えば、守るべきことをしっかりと理解してすすめられてきたまともなマルチ商法は希少と言えるのかもしれません。

240×150_c

あなたは今の暮らしに満足していますか?

暮らしを買いたいと思いますか?

暮らしを?、、買えるものなら買いたい!っと

誰もが思うのではないでしょうか?

あなたにとって買いたい暮らしとは、どういう暮らしでしょう。

morujibuumi

副業?

不労所得?

権利収入?

 

時々あの人普段何をしているかよく判らないけど、

いい暮らしをしてそうな人がいます。

そういう人は、資産家だったり、マンション経営など

いわゆる不労所得がある人です。

これは誰もが望む収入でしょう。

日本の年金はもう期待できない時代、

病気になって働けなくなったら、どうしますか?

毎月決まった額の不労所得が預金口座に振り込まれれば、、

誰もがこう思っているはずです。

そこで今ネットワークビジネスが熱いのです!!

しかも完全在宅のインターネットで自動集客するネットワークビジネス!

あなたの暮らしを買うことは、難しいことではありません。

〔実録〕寝ている間にダウンザクザク獲得法無料セミナー大公開!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です