絶対儲かるといって勧誘されたら、それは悪質マルチ商法です!

ネットでMLM!これを見なければ損をするかもしれません。

「絶対に儲かる!」と思い込ませ勧誘してきたら、気をつけましょう!

それはもう、悪質マルチ商法です。

それにのせら儲けようと思い込み、お金をだしたら借金だけが残った。

交遊関係が破綻した。

じゃあ、マルチ商法とは違うのか?

そもそもマルチ商法とは何?

マルチ商法とは、連鎖販売取引といい、新しい会員を勧誘して組織に加入させると、利益を得ることが出来商品を販売しながら、さらに次の会員を勧誘し、販売組織を連鎖的に拡大していく取引のことをいいます。

商品を売って新会員を勧誘すれば、色々メリットがある形もあります。

それ自体は合法ですが、これが悪質マルチ商法との見分け方が一番難しいところです。

悪質マルチ商法の商品でも、口コミで販売するために広告費用がかからないといって販売を促している場合もありますが、

実際の価格をみると、1つ1000円以上の洗剤だったり、数十万円もする浄水器などとずいぶんと高額なものが多いのです。

会員へ流れるマージンが商品の高額化につながっているのではないかと思われます。

悪質マルチ商法に勧誘されてしまって、販売を続けていっても、

最初は自分の周りの2~3人でも買ってくれたとしても、

親戚・知人・友人を勧誘したとしても、いつかは行き詰まり、自分で買った大量の在庫を抱えて、仕入れ代金の支払いがのこるだけ。

こうした悩みをかかえ、全国の消費生活センターによせられる相談は毎年2万件にもおよぶようです。

契約者の年代は20代の若者が最多で、50~60代の中高年の被害も多いようです。

悪質マルチ商法は時代も年代も問いません。

逆にいえば、

「絶対儲かる」というのに、興味のある人が多いということです。

240×150_c

副業をお考えの方に、完全在宅ネットでMLM!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です