日本三大悪質マルチの影響、マルチアレルギーができた。

勧誘しないで成功する完全在宅ネットワークビジネスのお勧め!!

240×150_c

MLMビジネスを勧める上で、考えなくてはいけいのは、世の中の悪質マルチアレルギーです。

その元凶は、日本でのMLMの初期と時を同じくしていました。

1970年代に入り、世に言うところの悪質マルチ渦が日本で猛威をふるったのです。

APOジャパンはカー用品の販売で急成長した会社で、若者を中心に派手な人集めの手法が社会問題になりました。

また、やはりアメリカ資本の日本ホリデイマジック、ジェッカーチェーンとともに三大マルチと呼ばれました。

どんな特長があったかと言えば、販売員登録や上級販売員に昇格する際のタイトル獲得のためにそのつど高額な登録料が必要だったことです。

そして、販売員として参加した素人をセールスマンとして育成するための独特な教育手法も備えていました。

そこには、商品の販売より販売権利の獲得とその権利を買う人を勧誘することをメインとしたマネーゲーム的な要素が強くあったのです。

これらの会社はまだこの手の商法に対して免疫のなかった日本で急激に発達しました。

団塊の世代と後に呼ばれるようになったベビーブーマーが、成人するような社会背景もあって、こうした若者たちを中心に受け入れられたのでした。

ところが、当時の日本には、こうした悪質マルチ商法をとりしまるような法律もなく、販売上の倫理規定もなかったので、

販売現場では強引な押し付け販売やウソのトークが横行し、

誘われた人とのトラブルが次々と起こったのです。

その後、これらの会社に販売員として参加した人や社員が独立して、新たな会社が乱立して、混乱が進みます。

結局は、大学生や高校生などの未成年にも被害が広がって、大きな社会問題となったのでした。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットで自動集客すればよいのでは?

寝ている間も興味のある人を自動集客する、

完全在宅ネットワークビジネス!無料請求請求はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です