月別アーカイブ: 2016年6月

リピード型マルチ商法の仕組み

副業に、1日1~2時間ブログを書くだけで月収10万円稼ぐ方法!

ネットでMLMバナー3

 

日本のリピード型マルチ商法の事業者にはいくつかの株式店頭公開企業が含まれていて、日本訪問販売協会の会員企業であることも多いのが現状です。

そんな事業者はリピード型のマルチ商法の販売システムの骨子も開示しています。

主力製品は健康食品・化粧品・洗剤等に日用品で、取引の仕組みは次のようなものです。

a.2000円~8000円前後の販売員登録費用の支払いにより販売員資格を得る(販売員はディストリビューターと呼ばれることが多い)

b.販売員は希望小売価格から30%程度割り引いた販売価格で商品を仕入れることができ、これを小売りすることで小売り利益を得る。

c.販売員は自分の勧誘した販売員を配下につける(配下はダウンラインとかグループ等と呼ばれる)と、配下の自己消費を含むグループ全体の売り上げを基礎に計算した手数料(ボーナス)を得る。

手数料の率は販売実績に応じた割り増しがあるため、上位者には自己の小売実績以上の差益が得られる場合が多い。

d.上位の販売員となると、配下のグループの育成したボーナス等も得られる。

 

良いマルチ商法と悪いマルチ商法の線引きは?

〔必見〕1日1~2時間ブログを書いて月収10万円稼ぐ方法!

ネットでMLMバナー3

 

ピラミッド型マルチ商法とリピート型マルチ商法に明確な線引きはあるのでしょうか。

ピラミッド型マルチ商法にもリピート型マルチ商法にも、参加者を雇用しないで独立の企業者として扱うところや参加者を複数のレベルに区分して、上級のレベルほど商品の割引率やリベート等で有利な待遇をするという共通点もあるのは事実です。

ただ、リピート型マルチ商法は、ピラミッド型マルチ商法に比べて、マルチ商法の持つ本質的な問題点を除去していこうという方向にあるのも確かなことなのです。

日本では一般的なマルチ商法=連鎖販売取引=社会悪

という図式の中で、良いマルチ商法と悪いマルチ商法を区分けしようという試みは数多くなされてきました。

マルチ商法に良いも悪いも区別はないと考える人にとっては、公正なマルチ商法などはあり得ないでしょうが、

現在では連鎖販売取引は、はば広い形で定義されており、普通のマルチ商法と悪質なマルチ商法を区別し得るかどうかは、よく考えるべき重要な課題とも言えるでしょう。

リピート型のマルチ商法を良いマルチ商法と考える視点からすると、ピラミッド型のマルチ商法は、システム化された押し込み販売であり、人集めのマネーゲームであるという考え方も成り立ちます。

リピート型マルチ商法は、ピラミッド型マルチ商法との違いについて、いくつかの点をあげています。

まず、入会金は低額で退会時の返還されるかどうか、入会時に商品を買わないでいる自由があるか、次に報酬率等の取引条件はランクが上下しても変更されないか、最後にクーリング・オフ期間後でもいつでも返品できるかなどの点です。

 

ネットワークビジネスの自分の愛用する商品を友達に勧めたとたんに、

マルチ?ネズミ?

っと言われた経験ありませんか?

やっぱりマルチというのは一般的に悪いイメージですね。

もうそんなことを友達から言われたくないですね。

私はそれからはインターネットで興味のある人だけを、自動集客しています。

と言っても、

ネットでMLM1日1~2時間ブログを書くだけです!

興味のある方はメールアドレスご登録ください。

ネットでMLMバナー1

 

マルチ商法にはピラミッド型とリクルート型が

在宅副業で、1日1~2時間ブログを書いて月収10万円稼ぐ法

 

 

ネットでMLMバナー1

マルチ商法とは連鎖販売取引といって、会員が新規会員を誘い、その新規会員がさらに別の会員を勧誘する。連鎖により階層組織を形成・拡大する仕組みです。

また「連鎖販売取引」とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のことで、「マルチ商法」の他にも、

「ネットワークビジネス」や「MLM(マルチレベルマーケティング)」という呼ばれ方もしますが、

このマルチ商法にはピラミッド型マルチ商法と、リピード型マルチ商法の2つが存在するという考え方があります。

ピラミッド型のマルチ商法は、

「〇〇人誘えば儲かる」などとリクルート利益の獲得が主な目的となっていて、取扱商品は高価な耐久消費財が多く、消耗品の場合でもセット販売によって高額化しています。

販売価格が高額であるために、新規参加者の期待をあおって入会させる前後を除くと、販売のチャンスは少なく、

即ち1回限りの販売で上位者へ配当する原資を確保しようとするのです。

その結果として、短期間にトラブルが多発する傾向にあるわけです。

リピード型のマルチ商法は、入会時には1~2万円程度の費用で販売員として登録し、

取扱商品は値の張らない健康食品や化粧品や洗剤等の消耗品が主力で、

配下または組織外の顧客に繰り返し販売することによる流通マージンがかなりの部分を占めています。

会員数に比べてトラブルは相対的に少なく、

その組織は長期間営業を続けており、訪問販売業界における有力な企業が含まれています。

ネットでMLMバナー3

ダウン構築に困ってませんか?

インターネットの時代、インターネットでダウン構築してみては?

私たちINAは2000年からインターネットの最新のノウハウで活躍、組織を拡大中です。

口コミ・勧誘をせずに、

インターネットで興味のある人を自動集客します。

寝ている間にもダウンザクザク獲得する方法教えます!!

 

 

 

 

 

在宅副業に、1日1~2時間パソコンでネットでMLM登録無料!

240×150_c

商品におけるブランドというものは、その商品の信頼性を測る上での大きなものさしと言えるでしょう。

しかしながら、近年はそうしたブランドが必ずしも商品の信頼性を保証するものではなくなってきました。

大きな会社で製造し流通している有名な商品の成分に問題があったり、異物が混入されていたり消費者を不安にさせるものです。

賞味期限切れのものが平気で流通していたり、ブランドの信頼が地におちる報道は数多く、生活者はブランド力に疑問を持つようになってきたのです。

広告業界の調査によると、最も目にする情報源は、テレビと新聞の広告、チラシとなっていますが、

一番信頼しているのは、店頭で商品を見ることだということです。

つまり自分の目を頼りにしているということです。

ここでMLMの登場となります。

このMLMでは、商品を自分で購入して納得したものを人に勧めることが基本になっています。

MLMの広告は、一部を除いて、ほとんど見られません。

商品に関する宣伝は、パンフレットくらいでした。

もちろん現在は大きく変わってきましたが。

しかし、基本的には、消費者自身が、その見識において商品を判断して、自分が納得したものだけを親しい友人・知人に勧めていくものです。

ディストリビューターでも、参加した多くの人たちが、ビジネスの道は断念しても、なおも愛用者として毎年更新を続けているという例も数多くあることも、ユーザーの目にかなった商品がMLMには多いことの証でしょう。

ネットでMLMバナー4

 

ネットワークビジネスの製品は、まずあなたがその製品の使用者となって、口コミで人から人へ広めていくビジネス展開です。

ですからまずは製品第一と言えるでしょう。

そして今インターネットの時代、

口コミよりインターネット利用して、興味のある人を自動集客する

完全在宅のネットでMLM!!

私たちINAは2000年からインターネットで展開拡大中です。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは!クリック

悪質商法、悪質訪問販売の勧誘あれこれ

〔朗報〕インターネッットで自動集客するネットワークビジネス!!

240x150_d

悪質商法の中には、悪質訪問販売で事業者の名称と商品名等の両方を明示しない例は数多くあります。

・鍋セットの販売で「料理の講習会をする」

・浄水器の勧誘で「水道局の方から水質検査に来た」

・床下補強工事の勧誘で「シロアリの点検に来た」

・幼児園教材の勧誘で「文化庁から幼児の統計調査に来た」

・補正下着の勧誘で「保健所の方から産後の指導に来た」

・印鑑の勧誘で「姓名判断に来た」

・補修工事の勧誘で「近所の下水管の洗浄をするために薬剤を使用したので、お宅にも影響が出ている可能性がある。下水管を調べないといけない」

・学習教材の勧誘で「校門近くで帰宅途中の小学生に声をかけて景品で釣って小テストを行ない、その結果が出たと称して訪問する。

・「カレンダーを配りに来た」「宅配便の配達です」「引っ越しのあいさつです」などと言って訪問する。

消費者に玄関ドアを開けさせるための、様々な口実が駆使されているのが実態です。事業者は次の3項目をすべて告げなければならないのです。

1.販売業者または役務提供事業者の氏名または名称

2.売買契約または役務提供契約の締結について勧誘する目的である旨

3.勧誘しようとする商品・権利・役務の種類

 

最近はネットで注文する人も多く、

配達されるのを待つことも多いと思われますが、

このことからも、簡単にドアを開けてはいけないことがわかります。

ネットでMLMバナー4

「インターネットの時代、

インターネットで興味のある人を自動集客すれば楽なのでは?」

誰でもそう思いますが、

ネットワークビジネスの会社では、インターネットによる勧誘を禁止している会社がほとんです。

私たちは2000年からインターネットで、最新のノウハウで活躍中。

友達100人リストアップしたり、

電話でアポ取ってセミナーに行く必要は全くありません。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法→まずは無料セミナー登録

 

 

 

 

 

 

MLMとは価値観を共有できるコミュニケーション

[副業〕1日1~2時間完全在宅ビジネスで月収10万稼ぐ方法教えています。

ネットでMLMバナー2

MLMを疑似共同体的と表現した社会学者がいました。

大変興味のある考察です。

現在の日本では、人口の流動化が進んで核家族が増加し、職場と住居が遠ざかることによって、地域社会のコミュニケーションが薄くなって、血縁のしがらみも遠くなりました。

かと言って、昔ながらの地縁・血縁の濃密な人間関係が復活すればよいのかというふうには、ならないのですが。

それよりも、近代的な社会では、その場に居合わせただけのご近所、隣人や、血族的なつながりではない、さらに高度な精神的交流が望まれているのではないでしょうか。

具体的な例をあげれば、同じ価値観を共有することが出来る人々とのコミュニケーションです。

物理的距離感が障害にならないほど、交通や通信が高度に発達した社会では、地縁・血縁の薄れは、人々の求める共同体の姿の変質を意味しているのではないでしょうか。

インターネットでは、その使い方として、同じ趣味の人々が、ホームページで交流するとともに、通信上から、とびだして、実際に集まって会合を持ったりするのは、もうずっと前から行われているでは、ありませんか。

そういった人々が何を求めているかというと、たまたまの縁で出会う友人ではなくて、もっと積極的に価値観を共有できる人たちとの出会いを求めているのです。

MLMで、最初に商品を勧めるのは、気の合う友人でしょう。その友人というのは、それまでの人生の中で知り合った数多くの人々の中でも価値観を共有できる人のはずです。

そしてまた、気の合う友人が誘うのは、やはりその人にとっての気の合う友人であって、友人同士のネットワークだから価値観を共有しやすい要素がより大きいということになります。

MLMを出会いの場と表現する人もいますが、それはまさにこういうのではないでしょうか。

今や地域の共同体は役割を終えています。でもそれは、人が人間関係を煩わしいと否定しているのではなくて、価値観を共有できる思考の近い人とのコミュニケーションを求めていると思えてきます。

その一つの場が、MLMなのではないでしょうか。

ネットでMLMバナー3

友達勧誘しないで、インターネットで成功するネットワークビジネス決定版

 

 

 

MLMの組織構造は、ネットワーク型である

〔副業〕時給3,333円 完全在宅ネットワークビジネスのご案内!!

240×150_c

MLMの組織は得意な構造をもっています。

MLMというと一部の上位の人を頂点とするピラミッド構造を想像するかもしれませんが、むしろ行政機関や大企業のような組織形態の方をピラミッド型と呼ぶべきです。

MLMは個々の連携によって成り立つネットワーク型の組織形態と考えられるのです。

日本アムウェイに関係をもっている人たちが、その仕事にたずさわっての実感として、ヒューマンネットワークビジネスという呼び方をしているようです。

人間が介在するビジネスがMLMなのです。

小さな集合体としてのグループが集まり、そのグループを統括するためにより大きな集合体を形成するというピラミッド型のような構造は、ネットワーク型の組織にはありません。

リーダーは存在しますが、フラットな組織構造であり、グループの区分けも明確でない場合が多く、その時々の目的や都合によって離合集散し、組織の形は常に変化します。

団体の粋を超えた事業が行われるときなどにネットワーク型の組織が目的を限定した作業を行う際にプロジェクトチームという形でネットワーク型の組織を活用するケースがあります。

MLMの組織構造はネットワーク型に分類されるものです。

ビジネス参加者を最初の1人から数えて、それぞれリクルートの関係性をたどっていけば、ピラミッド様の図を描くことはできます。

しかし、より早い段階での参加者の方が必ずしも上位者というわけではないので単なる系図にすぎません。

また、上位が少数で、下位になるほどその人数は増えるので、どのタイトルに何人のディストリビューターがいるのかを表せば山の稜線のようなグラフにはなるでしょう。

でも、上位者が下位者を管理したり指導する関係性はなく、タイトルはあくまでディストリビューターの実績を評価するための称号であって、行動の基本は常に個人です。

グループとしてまとまって活動するケースも見られますが、これはピラミッド様の組織図通りに集まるわけではなく、リーダー的役割を果たす人物を中心に、気の合うどうしで集まった人たちが、その時の目的や都合によってグループを形成するのです。

ネットでMLMバナー1

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法教えています!

 

MLM、マルチレベルの訳としては多面的

友達勧誘しないで、ネットワークビジネスを成功すさせる方法教えます!

ネットでMLMバナー1

MLMという言葉は、英語でこの商法を言い表した言葉で、

マルチレベルマーケティングという言葉からとられています。

直訳すると多段階取引、もしくは多方面取引となります。

いわゆるマルチ商法のマルチという言葉もここから取られています。

しかし、マルチレベルマーケティングという言葉そのものも、この商法を正確に表現しているわけではないのです。

マルチレベルを多段階と訳すのも疑問があります。

多段階とする根拠は、参加者数をそれぞれの獲得タイトルごとに見た場合の表面的な姿からくるようです。

上位タイトルホルダーから下位に下るほどその人数が多くなり、ピラミッド様の構造様式を成すから、これを称して多段階と言うようですが、

MLMには、必ずしもピラミッド様の流通構造になっていない取引形態もあるのです。

意外に思われるかもしれませんが、メーカーがあって、販売会社、問屋、小売店を通って、最終消費者に商品が流通する一般的な流通形態こそ多段階型、もしくはピラミッド型です。

これに対してMLMは、メーカーを中心に契約販売員であるディストリビューターが同じ立場で並別に並び、

それぞれの関係性から協力しあって事業を行なうネットワーク型の組織構造を持つスタイルの取引形態です。

つまりマルチレベルを訳すときには、多面的とした方がより正確な気もするのです。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットでダウン構築できないのか?

誰でも考えることです。

しかし、多くのネットワークビジネスの会社では、

インターネットでの集客を禁止しています。

ですから、そういう会社にいる限り、

インターネットを使った集客、

寝ている間にダウンが出来るなどといった、夢のようなことはハッキリ言って無理なんです。

私たちグループは2000年からインターネット使って、

最新のインターネットノウハウで興味のある人を自動集客し、

活動、拡大しています。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは?←クリック

 

ネットでMLMは主宰する会社選びは慎重に

〔副業〕自宅のパソコンで1日2時間、月収10万稼ぐ方法大公開!

240x150_d

ピラミッド型の組織での意思決定は、上位下達で行われるものです。

 

これに対して、MLMは、ネットワーク型組織なので、民主的な意思決定がなされます。

参加者の意識レベルや技術も対等に近い場合が多く、身分的な上下関係はありません。

リーダーは存在しますが、意思決定は民主的な方法が基本です。

人数が少数なら、参加者の総意でも決められます。

組織全体で見ると、リーダーは、MLMのビジネス主宰会社ということになるのですが、この場合主催会社が意志を決定して、上意下達式に参加者を統率するのとは異なります。

日本企業のMLMですと、ビジネス主宰会社がリーダーシップを発揮するタイプが多く、

外資系のMLMは、ビジネスの場を設定して管理はするけれども、ディストリビューターとは一線を画して公平な立場で監督するという意味で、ジャッジメントに近い立場です。

MLMの中で行われている活動は、基本的に個人個人が意思決定していきます。

MLM主宰会社や上位の人の方針や意志は、アドバイスとしては参考にするけれども、行動の原理原則は個人の規範に属するものです。

自分の目標にあわせて、または都合によって最も目的にかなったイベント等に参加したりするのも自由なわけです。

ネットでMLMバナー1

インターネットの時代、

   インターネットで興味のある人だけ自動集客したら?

だれでもこう考え、それは正しいことなのです。

しかしそれにはいくつかの条件があるのです。

多くのMLM企業がインターネットによる集客を禁止しているのです。

ですから、もしあなたが、インターネットでの集客を禁止しているMLMの会社に属していたとしたら、

あなたは残念ながら、成功は出来ないでしょう。

あなたがネットワークビジネスで成功するためには、

しっかりとした経営基盤があり、歴史のある会社に属さない限り

成功はできません。

私たちは2000年から最新のノウハウで、

インターネットで活躍していて今でも右肩上がりです。

今なら無料メールセミナー配信中。クリック

日本三大悪質マルチの影響、マルチアレルギーができた。

勧誘しないで成功する完全在宅ネットワークビジネスのお勧め!!

240×150_c

MLMビジネスを勧める上で、考えなくてはいけいのは、世の中の悪質マルチアレルギーです。

その元凶は、日本でのMLMの初期と時を同じくしていました。

1970年代に入り、世に言うところの悪質マルチ渦が日本で猛威をふるったのです。

APOジャパンはカー用品の販売で急成長した会社で、若者を中心に派手な人集めの手法が社会問題になりました。

また、やはりアメリカ資本の日本ホリデイマジック、ジェッカーチェーンとともに三大マルチと呼ばれました。

どんな特長があったかと言えば、販売員登録や上級販売員に昇格する際のタイトル獲得のためにそのつど高額な登録料が必要だったことです。

そして、販売員として参加した素人をセールスマンとして育成するための独特な教育手法も備えていました。

そこには、商品の販売より販売権利の獲得とその権利を買う人を勧誘することをメインとしたマネーゲーム的な要素が強くあったのです。

これらの会社はまだこの手の商法に対して免疫のなかった日本で急激に発達しました。

団塊の世代と後に呼ばれるようになったベビーブーマーが、成人するような社会背景もあって、こうした若者たちを中心に受け入れられたのでした。

ところが、当時の日本には、こうした悪質マルチ商法をとりしまるような法律もなく、販売上の倫理規定もなかったので、

販売現場では強引な押し付け販売やウソのトークが横行し、

誘われた人とのトラブルが次々と起こったのです。

その後、これらの会社に販売員として参加した人や社員が独立して、新たな会社が乱立して、混乱が進みます。

結局は、大学生や高校生などの未成年にも被害が広がって、大きな社会問題となったのでした。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットで自動集客すればよいのでは?

寝ている間も興味のある人を自動集客する、

完全在宅ネットワークビジネス!無料請求請求はこちら