カテゴリー別アーカイブ: マルチ商法

マルチ商法、不実の告知

1日2時間ブログを書いて月収10万円稼ぐ方法教えます!

hiyakuバナー

マルチ商法での禁止されている不実の告知の実例は、まだまだあります。

「この波動水を飲むと病気が改善する」

「ガンで余命半年と言われていた人が今はピンピンしている」などと告げていた(1号)

「会員にお年寄りがいて、毎月リピートしてお茶を飲んでいるだけで勝手にお金が入ってきて、今は月に100万円以上もらっている」

「ガンに効果があることが立証されたなどと告げていた。」

「ガンに効く、アトピーが治る、万病が治る健康食品」

「活性酸素を除去する働きを持っている」などと告げていた(1号)。

「商品を使用し、または商品の全部または一部を消費したときは、クーリング・オフできなくなります」などと不実の記載のある書面を交付して問い合わせにもおのように告げていた(3号)。

「マルチじゃないから安心して」

「厚生労働省、文部科学省と連携した事業を行なったり、一緒に事業を進めている」などと相手方の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものについて不実を告げていた(5号)。

「毎月2万円くらいの報酬になる」

「25万円で契約すると、数百万、億単位のお金が入ってくる」などと告げていた(4号)。

「権利さえ持っていればひと口につき1ヶ月に5万円が入ってくる」などと告げていた。

「会員になれが誰でも簡単にもうけることができる」

「サラ金からの借り入れはボーナスで1~2ヶ月のうちに完済できる」など。

リピード型マルチ商法の仕組み

副業に、1日1~2時間ブログを書くだけで月収10万円稼ぐ方法!

ネットでMLMバナー3

 

日本のリピード型マルチ商法の事業者にはいくつかの株式店頭公開企業が含まれていて、日本訪問販売協会の会員企業であることも多いのが現状です。

そんな事業者はリピード型のマルチ商法の販売システムの骨子も開示しています。

主力製品は健康食品・化粧品・洗剤等に日用品で、取引の仕組みは次のようなものです。

a.2000円~8000円前後の販売員登録費用の支払いにより販売員資格を得る(販売員はディストリビューターと呼ばれることが多い)

b.販売員は希望小売価格から30%程度割り引いた販売価格で商品を仕入れることができ、これを小売りすることで小売り利益を得る。

c.販売員は自分の勧誘した販売員を配下につける(配下はダウンラインとかグループ等と呼ばれる)と、配下の自己消費を含むグループ全体の売り上げを基礎に計算した手数料(ボーナス)を得る。

手数料の率は販売実績に応じた割り増しがあるため、上位者には自己の小売実績以上の差益が得られる場合が多い。

d.上位の販売員となると、配下のグループの育成したボーナス等も得られる。

 

良いマルチ商法と悪いマルチ商法の線引きは?

〔必見〕1日1~2時間ブログを書いて月収10万円稼ぐ方法!

ネットでMLMバナー3

 

ピラミッド型マルチ商法とリピート型マルチ商法に明確な線引きはあるのでしょうか。

ピラミッド型マルチ商法にもリピート型マルチ商法にも、参加者を雇用しないで独立の企業者として扱うところや参加者を複数のレベルに区分して、上級のレベルほど商品の割引率やリベート等で有利な待遇をするという共通点もあるのは事実です。

ただ、リピート型マルチ商法は、ピラミッド型マルチ商法に比べて、マルチ商法の持つ本質的な問題点を除去していこうという方向にあるのも確かなことなのです。

日本では一般的なマルチ商法=連鎖販売取引=社会悪

という図式の中で、良いマルチ商法と悪いマルチ商法を区分けしようという試みは数多くなされてきました。

マルチ商法に良いも悪いも区別はないと考える人にとっては、公正なマルチ商法などはあり得ないでしょうが、

現在では連鎖販売取引は、はば広い形で定義されており、普通のマルチ商法と悪質なマルチ商法を区別し得るかどうかは、よく考えるべき重要な課題とも言えるでしょう。

リピート型のマルチ商法を良いマルチ商法と考える視点からすると、ピラミッド型のマルチ商法は、システム化された押し込み販売であり、人集めのマネーゲームであるという考え方も成り立ちます。

リピート型マルチ商法は、ピラミッド型マルチ商法との違いについて、いくつかの点をあげています。

まず、入会金は低額で退会時の返還されるかどうか、入会時に商品を買わないでいる自由があるか、次に報酬率等の取引条件はランクが上下しても変更されないか、最後にクーリング・オフ期間後でもいつでも返品できるかなどの点です。

 

ネットワークビジネスの自分の愛用する商品を友達に勧めたとたんに、

マルチ?ネズミ?

っと言われた経験ありませんか?

やっぱりマルチというのは一般的に悪いイメージですね。

もうそんなことを友達から言われたくないですね。

私はそれからはインターネットで興味のある人だけを、自動集客しています。

と言っても、

ネットでMLM1日1~2時間ブログを書くだけです!

興味のある方はメールアドレスご登録ください。

ネットでMLMバナー1

 

マルチ商法にはピラミッド型とリクルート型が

在宅副業で、1日1~2時間ブログを書いて月収10万円稼ぐ法

 

 

ネットでMLMバナー1

マルチ商法とは連鎖販売取引といって、会員が新規会員を誘い、その新規会員がさらに別の会員を勧誘する。連鎖により階層組織を形成・拡大する仕組みです。

また「連鎖販売取引」とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のことで、「マルチ商法」の他にも、

「ネットワークビジネス」や「MLM(マルチレベルマーケティング)」という呼ばれ方もしますが、

このマルチ商法にはピラミッド型マルチ商法と、リピード型マルチ商法の2つが存在するという考え方があります。

ピラミッド型のマルチ商法は、

「〇〇人誘えば儲かる」などとリクルート利益の獲得が主な目的となっていて、取扱商品は高価な耐久消費財が多く、消耗品の場合でもセット販売によって高額化しています。

販売価格が高額であるために、新規参加者の期待をあおって入会させる前後を除くと、販売のチャンスは少なく、

即ち1回限りの販売で上位者へ配当する原資を確保しようとするのです。

その結果として、短期間にトラブルが多発する傾向にあるわけです。

リピード型のマルチ商法は、入会時には1~2万円程度の費用で販売員として登録し、

取扱商品は値の張らない健康食品や化粧品や洗剤等の消耗品が主力で、

配下または組織外の顧客に繰り返し販売することによる流通マージンがかなりの部分を占めています。

会員数に比べてトラブルは相対的に少なく、

その組織は長期間営業を続けており、訪問販売業界における有力な企業が含まれています。

ネットでMLMバナー3

ダウン構築に困ってませんか?

インターネットの時代、インターネットでダウン構築してみては?

私たちINAは2000年からインターネットの最新のノウハウで活躍、組織を拡大中です。

口コミ・勧誘をせずに、

インターネットで興味のある人を自動集客します。

寝ている間にもダウンザクザク獲得する方法教えます!!

 

 

 

 

 

悪質なマルチ商法によるトラブル例

インターネットで自動集客から成約までお任せください!!

悪質なマルチ商法によるトラブル例をあげてみましょう。

・必ず儲かると言われて、何十万もする高額な商品を買わされてしまった。

・大量の在庫を抱えさせられてしまった

・友達にただ会おうと誘われて、行ってみたら、高額商品を契約させられた

・何度も断ってはいるが、しつこく何度も勧誘される

・クーリングオフにおうじない

・一般的に考えてみても市場価格より高い商品を、絶対に儲かるからといってビジネスに誘われた

・概要書面や契約書類を渡してくれない

マルチ商法というのは、

「特定商取引に関する法律」の中で、連鎖販売取引として、定められた商品の販売方法です。

MLMつまりマルチレベルマーケティングというビジネス手法より、マルチ商法という言葉はきていて、

このマルチレベルマーケティングは、

口コミで消費を拡大していき、

やがては大きな流通を起こすことが目的のネットワークマーケティングのことです。

法律で定められたビジネスである以上、法律を遵守して、適正な営業活動を行っているうえではまともなビジネスです。

しかしマルチ商法というと、どうしても悪質なイメージがあり、その理由は、いくつか考えられますが、合法なビジネスとはいうものの、販売方法の形態から問題が起こりやすいビジネスといえます。

240×150_c

副業にネットワークビジネスを選ぶ人が増えています。

インターネットの時代に、もはや口コミ、勧誘は、

インターネットで集客する方が賢明では?

誰もがそう考えます。

友達勧誘するために100人リストアップしなければいけない、、

友達勧誘するのは、もうやめましょう!!

勧誘は、インターネットに任せましょう!!

友達100人リスアップなんて、意味のないことはやめましょう!

インターネットを使って、興味のある人にだけ説明すれば、

いいことですよね。

インターネットとMLMの結合によって、

副業に完全在宅ネットワークビジネスを選ぶ人が強上昇!

 

特定商取引法にのっとったマルチ商法

副業に、完全在宅ネットワークビジネスが人気のわけ←クリック

マルチ商法は法律で禁止されているものではありませんが、

トラブルが起きないように、特定商取引法でさまざまな厳しい規制が定められています。

・勧誘する場合、勧誘することを相手に伝えなくてはいけません。そしてその際、契約を解除させないようにウソをついて勧誘したり、おどかしたりする不当な行為も禁止されています。

・悪質マルチ商法の勧誘では、必ずといってもよいほど使われることば、絶対にもうかるからというのも禁止です。

・ホームパーティに来ませんかと誘って、そこで契約の勧誘をしてはいけません。

・長い時間勧誘を続けて、相手を困惑させるのも違法になります。

こういった禁止事項は、遵守されなければなりません。

逆に言えば、守るべきことをしっかりと理解してすすめられてきたまともなマルチ商法は希少と言えるのかもしれません。

240×150_c

あなたは今の暮らしに満足していますか?

暮らしを買いたいと思いますか?

暮らしを?、、買えるものなら買いたい!っと

誰もが思うのではないでしょうか?

あなたにとって買いたい暮らしとは、どういう暮らしでしょう。

morujibuumi

副業?

不労所得?

権利収入?

 

時々あの人普段何をしているかよく判らないけど、

いい暮らしをしてそうな人がいます。

そういう人は、資産家だったり、マンション経営など

いわゆる不労所得がある人です。

これは誰もが望む収入でしょう。

日本の年金はもう期待できない時代、

病気になって働けなくなったら、どうしますか?

毎月決まった額の不労所得が預金口座に振り込まれれば、、

誰もがこう思っているはずです。

そこで今ネットワークビジネスが熱いのです!!

しかも完全在宅のインターネットで自動集客するネットワークビジネス!

あなたの暮らしを買うことは、難しいことではありません。

〔実録〕寝ている間にダウンザクザク獲得法無料セミナー大公開!

 

 

マルチ商法の仕組み、加入者は独立した商人です!

月にいくら稼ぎたいですか?完全在宅ネットでMLM無料セミナー

240×150_c

マルチ商法とは一体どういった仕組みになっているのか?

マルチ商法とは、商品の購入など金銭的な負担をした組織加入者に、新規の加入者を勧誘させて、経済的利益を与えるという、商品販売の仕組みです。

組織の加入者は契約上、独立した商人という立場に置かれます。

商売の経験も知識もないふつうの消費者を、販売業者から給与を得る販売員としてでなく、商人という形がとられます。

また加入者は、複数のレベルに区分されて、上級のレベルほど、その資格を取得する負担を大きくする反面、商品の割引率、リベートなど有利な待遇を受けることができます。

加入者の収入源は、商品が流通する際の中間マージン、新たな加入者を増やしたり、加入者を昇格させることで、多額利益を得ることができる場合もあります。

仕組みとしては似ているネズミ講ですが、ネズミ講の本質は、会員がさらに会員を勧誘し、ネズミ算式に組織を拡大することによって、会員が下部の会員から送金を受ける金銭配当組織なのです。

マルチ商法はあくまでも商品販売方法の一つですから、ネズミ講とは違います。

ネズミ講は結局は破綻するだけではなく、加入者の相当多くの者に対して、経済的損失を与える性質があり、無限連鎖講の防止に関する法律で、全面的に禁止されていますが、

マルチ商法は、特定商取引上の連鎖販売として、規制の下行われている限り合法です。

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

ネットワークビジネスは、あなたが思っているより難しくはない!!

絶対儲かるといって勧誘されたら、それは悪質マルチ商法です!

ネットでMLM!これを見なければ損をするかもしれません。

「絶対に儲かる!」と思い込ませ勧誘してきたら、気をつけましょう!

それはもう、悪質マルチ商法です。

それにのせら儲けようと思い込み、お金をだしたら借金だけが残った。

交遊関係が破綻した。

じゃあ、マルチ商法とは違うのか?

そもそもマルチ商法とは何?

マルチ商法とは、連鎖販売取引といい、新しい会員を勧誘して組織に加入させると、利益を得ることが出来商品を販売しながら、さらに次の会員を勧誘し、販売組織を連鎖的に拡大していく取引のことをいいます。

商品を売って新会員を勧誘すれば、色々メリットがある形もあります。

それ自体は合法ですが、これが悪質マルチ商法との見分け方が一番難しいところです。

悪質マルチ商法の商品でも、口コミで販売するために広告費用がかからないといって販売を促している場合もありますが、

実際の価格をみると、1つ1000円以上の洗剤だったり、数十万円もする浄水器などとずいぶんと高額なものが多いのです。

会員へ流れるマージンが商品の高額化につながっているのではないかと思われます。

悪質マルチ商法に勧誘されてしまって、販売を続けていっても、

最初は自分の周りの2~3人でも買ってくれたとしても、

親戚・知人・友人を勧誘したとしても、いつかは行き詰まり、自分で買った大量の在庫を抱えて、仕入れ代金の支払いがのこるだけ。

こうした悩みをかかえ、全国の消費生活センターによせられる相談は毎年2万件にもおよぶようです。

契約者の年代は20代の若者が最多で、50~60代の中高年の被害も多いようです。

悪質マルチ商法は時代も年代も問いません。

逆にいえば、

「絶対儲かる」というのに、興味のある人が多いということです。

240×150_c

副業をお考えの方に、完全在宅ネットでMLM!