カテゴリー別アーカイブ: mlm

生協とMLMは発想は同じである

週5日のパート収入=在宅1日2時間で月収10万、あなたはどっち?

240x150_d

消費差参加型ビジネスとMLMを表現する人がいます。その通りだと思います。

 

消費者参加型ビジネスとは、分かりやすく言うと消費者自身が主体的に流通にも参加するビジネススタイルのことです。

 

生協(生活協同組合)に近い存在かもしれません。少なくとも発想は同種でしょう。

もちろん、ひと口に生協と言っても色々なタイプがあります。

スーパーマーケット的なものもあれば、消費者運動的なものもあります。でも、どんなタイプであれ、根底には、消費者自身が納得できるものを自分たちでセレクトするという考え方があります。

 

これはMLMもまったく同じです。

 

考えてみれば、消費者運動というのは、企業対消費者の構図がいつもあります。

 

合成洗剤の中の危険な成分を使用禁止にする活動や加工食品の内容成分の表示義務の獲得などの成果もありました。

企業の論理にNOと言う姿勢をアピールしたわけです。

やがて時代が移り、消費者にもより多くの情報が集まるようになり、商品をセレクトする目も肥えてきました。

それにしたがって、少しずつ消費者運動もある程度の成果を得た上で、下火になってきているのかもしれません。

けれども、世の中には消費者にとって良いものだけがあるのでしょうか。

 

MLMに起きている現象が、それへの答えかもしれません。

 

価格にシビアな主婦層が、市販の商品よりも高価なMLM商品を好んで購入するのは、ただ1つの理由から、

自分自身が納得できる商品だからに他ならないのです。

 

自分が納得してその愛用者になって、口コミで広めていくのが

MLM、ネットワークビジネスということですが、

いくら良い商品でも人にいざ勧めてみると、、、

もともと興味のない人にすすめても無駄ですよね。

だから口コミ・勧誘するMLMは私自身苦手です。

インターネットを使って興味のある人に来てもらえたら、

寝ている間にもダウンが出来ている方法があれば、

口コミも勧誘もしないでいいなんて、ありえませんよね!

いいえ、あるんですそれが!!

寝ている間にダウンザクザク獲得法⇒無料でご登録いただけます

240×240_c

 

在宅副業に、1日1~2時間パソコンでネットでMLM登録無料!

240×150_c

商品におけるブランドというものは、その商品の信頼性を測る上での大きなものさしと言えるでしょう。

しかしながら、近年はそうしたブランドが必ずしも商品の信頼性を保証するものではなくなってきました。

大きな会社で製造し流通している有名な商品の成分に問題があったり、異物が混入されていたり消費者を不安にさせるものです。

賞味期限切れのものが平気で流通していたり、ブランドの信頼が地におちる報道は数多く、生活者はブランド力に疑問を持つようになってきたのです。

広告業界の調査によると、最も目にする情報源は、テレビと新聞の広告、チラシとなっていますが、

一番信頼しているのは、店頭で商品を見ることだということです。

つまり自分の目を頼りにしているということです。

ここでMLMの登場となります。

このMLMでは、商品を自分で購入して納得したものを人に勧めることが基本になっています。

MLMの広告は、一部を除いて、ほとんど見られません。

商品に関する宣伝は、パンフレットくらいでした。

もちろん現在は大きく変わってきましたが。

しかし、基本的には、消費者自身が、その見識において商品を判断して、自分が納得したものだけを親しい友人・知人に勧めていくものです。

ディストリビューターでも、参加した多くの人たちが、ビジネスの道は断念しても、なおも愛用者として毎年更新を続けているという例も数多くあることも、ユーザーの目にかなった商品がMLMには多いことの証でしょう。

ネットでMLMバナー4

 

ネットワークビジネスの製品は、まずあなたがその製品の使用者となって、口コミで人から人へ広めていくビジネス展開です。

ですからまずは製品第一と言えるでしょう。

そして今インターネットの時代、

口コミよりインターネット利用して、興味のある人を自動集客する

完全在宅のネットでMLM!!

私たちINAは2000年からインターネットで展開拡大中です。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは!クリック

MLMとは価値観を共有できるコミュニケーション

[副業〕1日1~2時間完全在宅ビジネスで月収10万稼ぐ方法教えています。

ネットでMLMバナー2

MLMを疑似共同体的と表現した社会学者がいました。

大変興味のある考察です。

現在の日本では、人口の流動化が進んで核家族が増加し、職場と住居が遠ざかることによって、地域社会のコミュニケーションが薄くなって、血縁のしがらみも遠くなりました。

かと言って、昔ながらの地縁・血縁の濃密な人間関係が復活すればよいのかというふうには、ならないのですが。

それよりも、近代的な社会では、その場に居合わせただけのご近所、隣人や、血族的なつながりではない、さらに高度な精神的交流が望まれているのではないでしょうか。

具体的な例をあげれば、同じ価値観を共有することが出来る人々とのコミュニケーションです。

物理的距離感が障害にならないほど、交通や通信が高度に発達した社会では、地縁・血縁の薄れは、人々の求める共同体の姿の変質を意味しているのではないでしょうか。

インターネットでは、その使い方として、同じ趣味の人々が、ホームページで交流するとともに、通信上から、とびだして、実際に集まって会合を持ったりするのは、もうずっと前から行われているでは、ありませんか。

そういった人々が何を求めているかというと、たまたまの縁で出会う友人ではなくて、もっと積極的に価値観を共有できる人たちとの出会いを求めているのです。

MLMで、最初に商品を勧めるのは、気の合う友人でしょう。その友人というのは、それまでの人生の中で知り合った数多くの人々の中でも価値観を共有できる人のはずです。

そしてまた、気の合う友人が誘うのは、やはりその人にとっての気の合う友人であって、友人同士のネットワークだから価値観を共有しやすい要素がより大きいということになります。

MLMを出会いの場と表現する人もいますが、それはまさにこういうのではないでしょうか。

今や地域の共同体は役割を終えています。でもそれは、人が人間関係を煩わしいと否定しているのではなくて、価値観を共有できる思考の近い人とのコミュニケーションを求めていると思えてきます。

その一つの場が、MLMなのではないでしょうか。

ネットでMLMバナー3

友達勧誘しないで、インターネットで成功するネットワークビジネス決定版

 

 

 

MLMの組織構造は、ネットワーク型である

〔副業〕時給3,333円 完全在宅ネットワークビジネスのご案内!!

240×150_c

MLMの組織は得意な構造をもっています。

MLMというと一部の上位の人を頂点とするピラミッド構造を想像するかもしれませんが、むしろ行政機関や大企業のような組織形態の方をピラミッド型と呼ぶべきです。

MLMは個々の連携によって成り立つネットワーク型の組織形態と考えられるのです。

日本アムウェイに関係をもっている人たちが、その仕事にたずさわっての実感として、ヒューマンネットワークビジネスという呼び方をしているようです。

人間が介在するビジネスがMLMなのです。

小さな集合体としてのグループが集まり、そのグループを統括するためにより大きな集合体を形成するというピラミッド型のような構造は、ネットワーク型の組織にはありません。

リーダーは存在しますが、フラットな組織構造であり、グループの区分けも明確でない場合が多く、その時々の目的や都合によって離合集散し、組織の形は常に変化します。

団体の粋を超えた事業が行われるときなどにネットワーク型の組織が目的を限定した作業を行う際にプロジェクトチームという形でネットワーク型の組織を活用するケースがあります。

MLMの組織構造はネットワーク型に分類されるものです。

ビジネス参加者を最初の1人から数えて、それぞれリクルートの関係性をたどっていけば、ピラミッド様の図を描くことはできます。

しかし、より早い段階での参加者の方が必ずしも上位者というわけではないので単なる系図にすぎません。

また、上位が少数で、下位になるほどその人数は増えるので、どのタイトルに何人のディストリビューターがいるのかを表せば山の稜線のようなグラフにはなるでしょう。

でも、上位者が下位者を管理したり指導する関係性はなく、タイトルはあくまでディストリビューターの実績を評価するための称号であって、行動の基本は常に個人です。

グループとしてまとまって活動するケースも見られますが、これはピラミッド様の組織図通りに集まるわけではなく、リーダー的役割を果たす人物を中心に、気の合うどうしで集まった人たちが、その時の目的や都合によってグループを形成するのです。

ネットでMLMバナー1

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法教えています!

 

MLM、マルチレベルの訳としては多面的

友達勧誘しないで、ネットワークビジネスを成功すさせる方法教えます!

ネットでMLMバナー1

MLMという言葉は、英語でこの商法を言い表した言葉で、

マルチレベルマーケティングという言葉からとられています。

直訳すると多段階取引、もしくは多方面取引となります。

いわゆるマルチ商法のマルチという言葉もここから取られています。

しかし、マルチレベルマーケティングという言葉そのものも、この商法を正確に表現しているわけではないのです。

マルチレベルを多段階と訳すのも疑問があります。

多段階とする根拠は、参加者数をそれぞれの獲得タイトルごとに見た場合の表面的な姿からくるようです。

上位タイトルホルダーから下位に下るほどその人数が多くなり、ピラミッド様の構造様式を成すから、これを称して多段階と言うようですが、

MLMには、必ずしもピラミッド様の流通構造になっていない取引形態もあるのです。

意外に思われるかもしれませんが、メーカーがあって、販売会社、問屋、小売店を通って、最終消費者に商品が流通する一般的な流通形態こそ多段階型、もしくはピラミッド型です。

これに対してMLMは、メーカーを中心に契約販売員であるディストリビューターが同じ立場で並別に並び、

それぞれの関係性から協力しあって事業を行なうネットワーク型の組織構造を持つスタイルの取引形態です。

つまりマルチレベルを訳すときには、多面的とした方がより正確な気もするのです。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットでダウン構築できないのか?

誰でも考えることです。

しかし、多くのネットワークビジネスの会社では、

インターネットでの集客を禁止しています。

ですから、そういう会社にいる限り、

インターネットを使った集客、

寝ている間にダウンが出来るなどといった、夢のようなことはハッキリ言って無理なんです。

私たちグループは2000年からインターネット使って、

最新のインターネットノウハウで興味のある人を自動集客し、

活動、拡大しています。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは?←クリック

 

ネットでMLMは主宰する会社選びは慎重に

〔副業〕自宅のパソコンで1日2時間、月収10万稼ぐ方法大公開!

240x150_d

ピラミッド型の組織での意思決定は、上位下達で行われるものです。

 

これに対して、MLMは、ネットワーク型組織なので、民主的な意思決定がなされます。

参加者の意識レベルや技術も対等に近い場合が多く、身分的な上下関係はありません。

リーダーは存在しますが、意思決定は民主的な方法が基本です。

人数が少数なら、参加者の総意でも決められます。

組織全体で見ると、リーダーは、MLMのビジネス主宰会社ということになるのですが、この場合主催会社が意志を決定して、上意下達式に参加者を統率するのとは異なります。

日本企業のMLMですと、ビジネス主宰会社がリーダーシップを発揮するタイプが多く、

外資系のMLMは、ビジネスの場を設定して管理はするけれども、ディストリビューターとは一線を画して公平な立場で監督するという意味で、ジャッジメントに近い立場です。

MLMの中で行われている活動は、基本的に個人個人が意思決定していきます。

MLM主宰会社や上位の人の方針や意志は、アドバイスとしては参考にするけれども、行動の原理原則は個人の規範に属するものです。

自分の目標にあわせて、または都合によって最も目的にかなったイベント等に参加したりするのも自由なわけです。

ネットでMLMバナー1

インターネットの時代、

   インターネットで興味のある人だけ自動集客したら?

だれでもこう考え、それは正しいことなのです。

しかしそれにはいくつかの条件があるのです。

多くのMLM企業がインターネットによる集客を禁止しているのです。

ですから、もしあなたが、インターネットでの集客を禁止しているMLMの会社に属していたとしたら、

あなたは残念ながら、成功は出来ないでしょう。

あなたがネットワークビジネスで成功するためには、

しっかりとした経営基盤があり、歴史のある会社に属さない限り

成功はできません。

私たちは2000年から最新のノウハウで、

インターネットで活躍していて今でも右肩上がりです。

今なら無料メールセミナー配信中。クリック

MLMビジネスの会社の実像とは?

〔必見〕副業に完全在宅ネットでMLM、1日2時間で月収10万稼ぐ塾

ネットでMLMバナー1

MLMビジネスを行っている会社の実像とは、どんなものなのでしょうか。

やはり、外資系企業が多いというのが、1つの特徴と言えるでしょう。

アメリカがMLM発祥の地で、変わらず最新のトレンドを発信し続けているので、当然と言えが当然です。

さらに言えば、アメリカ市場ではMLMを主宰する会社が3000~5000社あり、毎年1000社が新規に参入し、ほぼ同数くらいが倒産すると言われているのです。

そんな厳しく激しい競争に勝ったMLMビジネスで日本をはじめとする国外に進出している企業が、事業資金を豊富にそろえて、臨んでいるのですから、外資系が多いのも、なんら不思議ことではありません。

日本のMLMマーケットは2回の隆盛期を経て、現在は3回目の隆盛期を迎えています。

アメリカでも同様で、1970年頃が1回目、1980年代後半頃が2回目、それ以降はずっと不況の中で新しい形式を含めた3回目と位置付けられています。

日本のMLMビジネスは、主にアメリカからのこうした新しい流れによって、隆盛期を迎えていることになりますから、アメリカにおけるそれは当然に日本より少しずつ早いわけです。

アメリカにおいての1回目の隆盛期は、アムウェイを筆頭にした業界創建の時期です。

事業形態として、少しずつ足元を固めながら発展してきたアムウェイは、1回目の隆盛期の代表的な企業といえるでしょう。

2回目になると、1回目の成功企業をより発展させた、主にビジネスプランを参加者にとってより魅力的にするための競争でもあり、企業としては、ニュースキンやハーバーライフがそれにあたります。

2回目が頂点に達しようとする時に、新しいスタイルのビジネスプランを備えた企業群が登場してきました。

具体的に言うと、ユニレベル方式、バイナリー方式などのビジネスプランです。

これらの新方式は判りやすく言うと、従来型の仕組みより、収益をより広く分配する方式で、億万長者の誕生よりも、広く浅く分配の収益を目指すものと言われています。

この潮流が、現在までにつながって、生きているということになります。

240×240_c

寝ている間にダウンがザクザク獲得する方法→無料セミナー配信中

 

MLMビジネスとは、夢を実現させるものである!

副業に最適!1日2時間完全在宅ビジネスで、月収10万稼ぐ塾

240×150_c

MLMとは、日用品の販売ビジネスです。

売っている商品の多くは、毎日日常的に使っているものです。

それがどうして、人々を夢中にさせるのでしょうか。

それは、日常品の販売とともに、そのMLM企業のスピリッツをひろげているからなのです。

アメリカ人のチャレンジスピリッツとかアメリカンドリームとか、

そういった特徴的な自己実現を促進するような言葉の多くが、

MLM参加者を熱くするわけです。

つまり、MLMではとにかく収入の夢だけが前面にでてくるのもありがちなことです。

しかし、ディストリビューターから支持されているMLMは、皆どの企業も一貫したポリシーを持っており、創業精神や理念を大事にしています。

MLMでは、従業員でもない一ディストリビューターが誰でも企業のかかげるルールをしっているのも事実です。

MLMを外から見ていると、友人や知人を商売のタネにして儲けているのではないかと言う人がいるかもしれません。

実際のところ、そういう手段をとっているディストリビューターもいるでしょうが、あくまでもMLMの本当の姿は、

助け合う精神に基づくものです。

人を見たら商品を売りつけよう、MLMビジネスに誘って、他人を1人でも多くリクルートさせようと目の色を変えているような人には、誰も寄り付かなくなります。

MLMの本当の姿は、価値観を共有できる仲間をより多く集めることに他ならないのです。

収入だけの考え方では、普遍的な価値観になりずらいので、沢山の人々の支持を集められないし、第一長続きしません。

誰でもが共有できる価値観は、人それぞれの夢をかなえさせるということになります。

したがって、MLMのディストリビューターは、その人の夢をかなえることに、力を注ぐ訳です。

金銭のことだけではなく、自分の夢を応援してくれる人というのは、とてもしたわれるものです。

その結果として、まわりに多くの人々が集まり、それぞれ1人1人が価値観を共有してみんなビジネスを成功させていく。

それが、このMLMの世界で成功するということなのです。

寝ている間にダウンがザクザク獲得して、自分の夢をかなえる方法!

ネットでMLMバナー4

 

 

MLMの本質は?悪質マルチ商法との見分け方のポイント

〔副業〕完全在宅1日2時間で、まずは月10万稼ぐことから始めましょう!

hiyakuバナー

MLMの本質は、高品質な商品の販売をする、その流通過程において流通マージンを消費者に還元することをめざして、

無店舗個人に対して、商品の販売やあっせんにかかわるビジネスへの参入を勧誘することで、そのビジネスに関して、締結する自己の意思に基づいて行う商品の購入や仕入れを含む販売行為を伴う消費者参加型ビジネスの中で、マルチレベル方式の報酬システムを採用している販売方法にあります。

悪質マルチ商法と混合されないためにも、ハッキリと区別しておく必要があります。

MLM悪質マルチ商法を見分ける場合に、商品の販売とリクルートというビジネスを構成する要件の目的と手段の関係が重要になってきます。

悪質マルチ商法は、リクルーティングを目的としていて、商品の販売は手段に過ぎないのです。その逆ならMLMということです。

悪質マルチ商法もMLMも、表面上はビジネスの構成要件は、同様のものなので、ハッキリとした規定がなく、

そのビジネスを主宰する会社が好きなように、自社のビジネスの呼び方を決めています。

それぞれを外見から見分けるのは、部外者には困難なので、あくまでも販売の実態で見分けるのが良いです。

240×150_c

MLMの本質を見抜いて、

キチンと信頼のおける会社選び、商品選びが重要です。

今、インターネットとMLMの結合によって、

寝ている間にダウンがザクザク自動集客できる、

ネットワークビジネスに注目が集まっています。

ネットでMLM!!

しかもインターネットを使うので、今までのように、

少ない友達のリストアップも不要で、

友達を勧誘もしなくても、

インターネットなら、興味あのある人から、来てもらえるのです。

しかも、インターネットなら、

一歩も外出する必要もなく、

自宅のパソコンで、パジャマ姿で、コーヒーを飲みながら、

ビジネスが出来てしまうというものです。

 

 

 

 

 

 

ネットでMLMバナー4

 

副業に完全在宅ネットでMLM!自動集客から成約まで代行します!!

 

 

〔必見〕ⅯⅬⅯに栄養補助食品が適している訳

まだ勧誘しますか?インターネットでダウン獲得法、無料セミナー大公開

MLMの中心的な商品に栄養補助食品があります。

最近では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも栄養補助食品のコーナーが目につくようになって、一定の購買層が出来ているようです。

それでも1000円以下の商品でないと、なかなか購買意欲が湧かないのが実態で、そんな事実は、コンビニの店先で確認するまでもないことです。

内容成分のしっかりした高級品は、店頭に置いただけでは、なかなか売れないのです。

栄養補助食品が、なぜ必要か、その理由や内容成分と効果との相関関係などの専門的情報についても、一般的には認識が、まだまだ高くはないから、当然ともいえます。

そんなわけで、健康食品や栄養補助食品は、相談可能な薬局や訪問対面販売などで、カウンセリングとともに販売する形態が、一般的な形でした。

けれども、こうした販売方法では、効率が悪かったり、必ずしも必要な人に、必要な時、実用充分な分量の商品を適切に販売するというわけには、いきませんでした。

その点、MLMでは、一定の教育効果を添える形で、商品を流通させることが、可能になります。

なぜその栄養食品がいいものであると言えるのかということを、口コミで知らせていくことになります。

MLMでは、ディストリビューターは、販売者でもあり、ユーザーでもあるという立場ですから、自分がいいと思ったものを人にすすめるのが原則です。

消費者としての価値基準で選んで、確かに使っていいと思えた物だけを人に勧めればいいことになっています。

即ち、MLMの最も画期的なことは、販売者と消費者という垣根を取り払ってしまうところにあるのです。

メーカーと消費者の間の障壁となり、情報や認識を隔てていた壁をこわして、これまでになかったマーケティングを生み出す可能性に満ちているとも言えるでしょう。

240×240_c

インターネットの時代だから、

  インターネットで自動集客した方は早いのでは?」

誰でもそう思います。

会社として70年、MLM形態としては20年以上、

私たち組織は最新のインターネットノウハウで、

70年以上の社歴が証明する業界トップレベルの製品力で、

2000年よりインターネットで展開しています。

ダウンが出来ずに悩んでいるあなた、

インターネットで自動主客から成約までお任せください!!