MLMとは価値観を共有できるコミュニケーション

[副業〕1日1~2時間完全在宅ビジネスで月収10万稼ぐ方法教えています。

ネットでMLMバナー2

MLMを疑似共同体的と表現した社会学者がいました。

大変興味のある考察です。

現在の日本では、人口の流動化が進んで核家族が増加し、職場と住居が遠ざかることによって、地域社会のコミュニケーションが薄くなって、血縁のしがらみも遠くなりました。

かと言って、昔ながらの地縁・血縁の濃密な人間関係が復活すればよいのかというふうには、ならないのですが。

それよりも、近代的な社会では、その場に居合わせただけのご近所、隣人や、血族的なつながりではない、さらに高度な精神的交流が望まれているのではないでしょうか。

具体的な例をあげれば、同じ価値観を共有することが出来る人々とのコミュニケーションです。

物理的距離感が障害にならないほど、交通や通信が高度に発達した社会では、地縁・血縁の薄れは、人々の求める共同体の姿の変質を意味しているのではないでしょうか。

インターネットでは、その使い方として、同じ趣味の人々が、ホームページで交流するとともに、通信上から、とびだして、実際に集まって会合を持ったりするのは、もうずっと前から行われているでは、ありませんか。

そういった人々が何を求めているかというと、たまたまの縁で出会う友人ではなくて、もっと積極的に価値観を共有できる人たちとの出会いを求めているのです。

MLMで、最初に商品を勧めるのは、気の合う友人でしょう。その友人というのは、それまでの人生の中で知り合った数多くの人々の中でも価値観を共有できる人のはずです。

そしてまた、気の合う友人が誘うのは、やはりその人にとっての気の合う友人であって、友人同士のネットワークだから価値観を共有しやすい要素がより大きいということになります。

MLMを出会いの場と表現する人もいますが、それはまさにこういうのではないでしょうか。

今や地域の共同体は役割を終えています。でもそれは、人が人間関係を煩わしいと否定しているのではなくて、価値観を共有できる思考の近い人とのコミュニケーションを求めていると思えてきます。

その一つの場が、MLMなのではないでしょうか。

ネットでMLMバナー3

友達勧誘しないで、インターネットで成功するネットワークビジネス決定版

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です