MLMの組織構造は、ネットワーク型である

〔副業〕時給3,333円 完全在宅ネットワークビジネスのご案内!!

240×150_c

MLMの組織は得意な構造をもっています。

MLMというと一部の上位の人を頂点とするピラミッド構造を想像するかもしれませんが、むしろ行政機関や大企業のような組織形態の方をピラミッド型と呼ぶべきです。

MLMは個々の連携によって成り立つネットワーク型の組織形態と考えられるのです。

日本アムウェイに関係をもっている人たちが、その仕事にたずさわっての実感として、ヒューマンネットワークビジネスという呼び方をしているようです。

人間が介在するビジネスがMLMなのです。

小さな集合体としてのグループが集まり、そのグループを統括するためにより大きな集合体を形成するというピラミッド型のような構造は、ネットワーク型の組織にはありません。

リーダーは存在しますが、フラットな組織構造であり、グループの区分けも明確でない場合が多く、その時々の目的や都合によって離合集散し、組織の形は常に変化します。

団体の粋を超えた事業が行われるときなどにネットワーク型の組織が目的を限定した作業を行う際にプロジェクトチームという形でネットワーク型の組織を活用するケースがあります。

MLMの組織構造はネットワーク型に分類されるものです。

ビジネス参加者を最初の1人から数えて、それぞれリクルートの関係性をたどっていけば、ピラミッド様の図を描くことはできます。

しかし、より早い段階での参加者の方が必ずしも上位者というわけではないので単なる系図にすぎません。

また、上位が少数で、下位になるほどその人数は増えるので、どのタイトルに何人のディストリビューターがいるのかを表せば山の稜線のようなグラフにはなるでしょう。

でも、上位者が下位者を管理したり指導する関係性はなく、タイトルはあくまでディストリビューターの実績を評価するための称号であって、行動の基本は常に個人です。

グループとしてまとまって活動するケースも見られますが、これはピラミッド様の組織図通りに集まるわけではなく、リーダー的役割を果たす人物を中心に、気の合うどうしで集まった人たちが、その時の目的や都合によってグループを形成するのです。

ネットでMLMバナー1

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法教えています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です