MLMビジネスの会社の実像とは?

〔必見〕副業に完全在宅ネットでMLM、1日2時間で月収10万稼ぐ塾

ネットでMLMバナー1

MLMビジネスを行っている会社の実像とは、どんなものなのでしょうか。

やはり、外資系企業が多いというのが、1つの特徴と言えるでしょう。

アメリカがMLM発祥の地で、変わらず最新のトレンドを発信し続けているので、当然と言えが当然です。

さらに言えば、アメリカ市場ではMLMを主宰する会社が3000~5000社あり、毎年1000社が新規に参入し、ほぼ同数くらいが倒産すると言われているのです。

そんな厳しく激しい競争に勝ったMLMビジネスで日本をはじめとする国外に進出している企業が、事業資金を豊富にそろえて、臨んでいるのですから、外資系が多いのも、なんら不思議ことではありません。

日本のMLMマーケットは2回の隆盛期を経て、現在は3回目の隆盛期を迎えています。

アメリカでも同様で、1970年頃が1回目、1980年代後半頃が2回目、それ以降はずっと不況の中で新しい形式を含めた3回目と位置付けられています。

日本のMLMビジネスは、主にアメリカからのこうした新しい流れによって、隆盛期を迎えていることになりますから、アメリカにおけるそれは当然に日本より少しずつ早いわけです。

アメリカにおいての1回目の隆盛期は、アムウェイを筆頭にした業界創建の時期です。

事業形態として、少しずつ足元を固めながら発展してきたアムウェイは、1回目の隆盛期の代表的な企業といえるでしょう。

2回目になると、1回目の成功企業をより発展させた、主にビジネスプランを参加者にとってより魅力的にするための競争でもあり、企業としては、ニュースキンやハーバーライフがそれにあたります。

2回目が頂点に達しようとする時に、新しいスタイルのビジネスプランを備えた企業群が登場してきました。

具体的に言うと、ユニレベル方式、バイナリー方式などのビジネスプランです。

これらの新方式は判りやすく言うと、従来型の仕組みより、収益をより広く分配する方式で、億万長者の誕生よりも、広く浅く分配の収益を目指すものと言われています。

この潮流が、現在までにつながって、生きているということになります。

240×240_c

寝ている間にダウンがザクザク獲得する方法→無料セミナー配信中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です