MLM、マルチレベルの訳としては多面的

友達勧誘しないで、ネットワークビジネスを成功すさせる方法教えます!

ネットでMLMバナー1

MLMという言葉は、英語でこの商法を言い表した言葉で、

マルチレベルマーケティングという言葉からとられています。

直訳すると多段階取引、もしくは多方面取引となります。

いわゆるマルチ商法のマルチという言葉もここから取られています。

しかし、マルチレベルマーケティングという言葉そのものも、この商法を正確に表現しているわけではないのです。

マルチレベルを多段階と訳すのも疑問があります。

多段階とする根拠は、参加者数をそれぞれの獲得タイトルごとに見た場合の表面的な姿からくるようです。

上位タイトルホルダーから下位に下るほどその人数が多くなり、ピラミッド様の構造様式を成すから、これを称して多段階と言うようですが、

MLMには、必ずしもピラミッド様の流通構造になっていない取引形態もあるのです。

意外に思われるかもしれませんが、メーカーがあって、販売会社、問屋、小売店を通って、最終消費者に商品が流通する一般的な流通形態こそ多段階型、もしくはピラミッド型です。

これに対してMLMは、メーカーを中心に契約販売員であるディストリビューターが同じ立場で並別に並び、

それぞれの関係性から協力しあって事業を行なうネットワーク型の組織構造を持つスタイルの取引形態です。

つまりマルチレベルを訳すときには、多面的とした方がより正確な気もするのです。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットでダウン構築できないのか?

誰でも考えることです。

しかし、多くのネットワークビジネスの会社では、

インターネットでの集客を禁止しています。

ですから、そういう会社にいる限り、

インターネットを使った集客、

寝ている間にダウンが出来るなどといった、夢のようなことはハッキリ言って無理なんです。

私たちグループは2000年からインターネット使って、

最新のインターネットノウハウで興味のある人を自動集客し、

活動、拡大しています。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは?←クリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です