MLM、マルチレベルの訳としては多面的

友達勧誘しないで、ネットワークビジネスを成功すさせる方法教えます!

ネットでMLMバナー1

MLMという言葉は、英語でこの商法を言い表した言葉で、

マルチレベルマーケティングという言葉からとられています。

直訳すると多段階取引、もしくは多方面取引となります。

いわゆるマルチ商法のマルチという言葉もここから取られています。

しかし、マルチレベルマーケティングという言葉そのものも、この商法を正確に表現しているわけではないのです。

マルチレベルを多段階と訳すのも疑問があります。

多段階とする根拠は、参加者数をそれぞれの獲得タイトルごとに見た場合の表面的な姿からくるようです。

上位タイトルホルダーから下位に下るほどその人数が多くなり、ピラミッド様の構造様式を成すから、これを称して多段階と言うようですが、

MLMには、必ずしもピラミッド様の流通構造になっていない取引形態もあるのです。

意外に思われるかもしれませんが、メーカーがあって、販売会社、問屋、小売店を通って、最終消費者に商品が流通する一般的な流通形態こそ多段階型、もしくはピラミッド型です。

これに対してMLMは、メーカーを中心に契約販売員であるディストリビューターが同じ立場で並別に並び、

それぞれの関係性から協力しあって事業を行なうネットワーク型の組織構造を持つスタイルの取引形態です。

つまりマルチレベルを訳すときには、多面的とした方がより正確な気もするのです。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットでダウン構築できないのか?

誰でも考えることです。

しかし、多くのネットワークビジネスの会社では、

インターネットでの集客を禁止しています。

ですから、そういう会社にいる限り、

インターネットを使った集客、

寝ている間にダウンが出来るなどといった、夢のようなことはハッキリ言って無理なんです。

私たちグループは2000年からインターネット使って、

最新のインターネットノウハウで興味のある人を自動集客し、

活動、拡大しています。

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法とは?←クリック

 

ネットでMLMは主宰する会社選びは慎重に

〔副業〕自宅のパソコンで1日2時間、月収10万稼ぐ方法大公開!

240x150_d

ピラミッド型の組織での意思決定は、上位下達で行われるものです。

 

これに対して、MLMは、ネットワーク型組織なので、民主的な意思決定がなされます。

参加者の意識レベルや技術も対等に近い場合が多く、身分的な上下関係はありません。

リーダーは存在しますが、意思決定は民主的な方法が基本です。

人数が少数なら、参加者の総意でも決められます。

組織全体で見ると、リーダーは、MLMのビジネス主宰会社ということになるのですが、この場合主催会社が意志を決定して、上意下達式に参加者を統率するのとは異なります。

日本企業のMLMですと、ビジネス主宰会社がリーダーシップを発揮するタイプが多く、

外資系のMLMは、ビジネスの場を設定して管理はするけれども、ディストリビューターとは一線を画して公平な立場で監督するという意味で、ジャッジメントに近い立場です。

MLMの中で行われている活動は、基本的に個人個人が意思決定していきます。

MLM主宰会社や上位の人の方針や意志は、アドバイスとしては参考にするけれども、行動の原理原則は個人の規範に属するものです。

自分の目標にあわせて、または都合によって最も目的にかなったイベント等に参加したりするのも自由なわけです。

ネットでMLMバナー1

インターネットの時代、

   インターネットで興味のある人だけ自動集客したら?

だれでもこう考え、それは正しいことなのです。

しかしそれにはいくつかの条件があるのです。

多くのMLM企業がインターネットによる集客を禁止しているのです。

ですから、もしあなたが、インターネットでの集客を禁止しているMLMの会社に属していたとしたら、

あなたは残念ながら、成功は出来ないでしょう。

あなたがネットワークビジネスで成功するためには、

しっかりとした経営基盤があり、歴史のある会社に属さない限り

成功はできません。

私たちは2000年から最新のノウハウで、

インターネットで活躍していて今でも右肩上がりです。

今なら無料メールセミナー配信中。クリック

日本三大悪質マルチの影響、マルチアレルギーができた。

勧誘しないで成功する完全在宅ネットワークビジネスのお勧め!!

240×150_c

MLMビジネスを勧める上で、考えなくてはいけいのは、世の中の悪質マルチアレルギーです。

その元凶は、日本でのMLMの初期と時を同じくしていました。

1970年代に入り、世に言うところの悪質マルチ渦が日本で猛威をふるったのです。

APOジャパンはカー用品の販売で急成長した会社で、若者を中心に派手な人集めの手法が社会問題になりました。

また、やはりアメリカ資本の日本ホリデイマジック、ジェッカーチェーンとともに三大マルチと呼ばれました。

どんな特長があったかと言えば、販売員登録や上級販売員に昇格する際のタイトル獲得のためにそのつど高額な登録料が必要だったことです。

そして、販売員として参加した素人をセールスマンとして育成するための独特な教育手法も備えていました。

そこには、商品の販売より販売権利の獲得とその権利を買う人を勧誘することをメインとしたマネーゲーム的な要素が強くあったのです。

これらの会社はまだこの手の商法に対して免疫のなかった日本で急激に発達しました。

団塊の世代と後に呼ばれるようになったベビーブーマーが、成人するような社会背景もあって、こうした若者たちを中心に受け入れられたのでした。

ところが、当時の日本には、こうした悪質マルチ商法をとりしまるような法律もなく、販売上の倫理規定もなかったので、

販売現場では強引な押し付け販売やウソのトークが横行し、

誘われた人とのトラブルが次々と起こったのです。

その後、これらの会社に販売員として参加した人や社員が独立して、新たな会社が乱立して、混乱が進みます。

結局は、大学生や高校生などの未成年にも被害が広がって、大きな社会問題となったのでした。

240x150_d

インターネットの時代、インターネットで自動集客すればよいのでは?

寝ている間も興味のある人を自動集客する、

完全在宅ネットワークビジネス!無料請求請求はこちら

 

 

マルチ商法+かくれノルマ=悪質マルチ

〔副業〕1日2時間、完全在宅ビジネスでまずは月収10万稼ぐ方法

ネットでMLMバナー1

マルチ商法のビジネス展開は、それ自体は違法ではありません。

ただ多くの場合、悪徳商法の手法がセットになっています。

マルチ商法の契約では仕入れ、ノルマはないはずが、

割引適用とか、一割購入仕入れ会員のみとか、

ポジションランクアップなど、

会員に沢山の商品を買わせて結果的には在庫を抱えさせるなどということにつながります。

なかにはエステの器具を購入させて、やがては〇〇の資格が取れるという説明をうけ、その資格がほしいために高額な器具を買わされるといった商法など、資格が取れることに抱き合わせで高額商品を買わせてしまう商法です。

薬事法違反の知識も全くなく、これで癌が治るといって普通の水を売りつけたり、アトピーが治る化粧品などと、平気で口にする悪質なマルチ商法も後をたちません。

一般的にマルチ商法では勧誘時の入会金からの手数料収入は存在せず、販売員の収入は商品販売利益から出ています。

これに比べ悪質マルチ商法では、入会手数料を販売員の収入源にしているので、強引な勧誘が多発するのです。

マルチ商法では販売員に在庫負担を強制はしていないのに対して、

悪質マルチ商法では、売り上げをあげるために販売員に商品を買わせ、在庫をかかえさせる。

返品払い戻しのルールもマルチ商法にはあるが、悪質マルチ商法では売り上げの数字を下げてはいけないので、返品や払い戻しはさせない。

このようにマルチ商法悪質マルチ商法では、全く異なる部分が多いのです。

マルチ商法自体は違法ではないビジネス展開ですが、

こういった悪質なマルチ商法があるために、

社会的にマルチ商法までもが悪いイメージがもたれているのも確かでしょう。

今ではインターネットの時代、友達も勧誘しないで、

勿論ノルマもなし、在庫もかかえない、宗教のようなセミナーもない。

そんなネットワークビジネス、

いわゆるネットでMLM。

ネットでMLMバナー4

寝ている間にダウンザクザク獲得する方法大公開!!

 

 

 

 

MLMビジネスの会社の実像とは?

〔必見〕副業に完全在宅ネットでMLM、1日2時間で月収10万稼ぐ塾

ネットでMLMバナー1

MLMビジネスを行っている会社の実像とは、どんなものなのでしょうか。

やはり、外資系企業が多いというのが、1つの特徴と言えるでしょう。

アメリカがMLM発祥の地で、変わらず最新のトレンドを発信し続けているので、当然と言えが当然です。

さらに言えば、アメリカ市場ではMLMを主宰する会社が3000~5000社あり、毎年1000社が新規に参入し、ほぼ同数くらいが倒産すると言われているのです。

そんな厳しく激しい競争に勝ったMLMビジネスで日本をはじめとする国外に進出している企業が、事業資金を豊富にそろえて、臨んでいるのですから、外資系が多いのも、なんら不思議ことではありません。

日本のMLMマーケットは2回の隆盛期を経て、現在は3回目の隆盛期を迎えています。

アメリカでも同様で、1970年頃が1回目、1980年代後半頃が2回目、それ以降はずっと不況の中で新しい形式を含めた3回目と位置付けられています。

日本のMLMビジネスは、主にアメリカからのこうした新しい流れによって、隆盛期を迎えていることになりますから、アメリカにおけるそれは当然に日本より少しずつ早いわけです。

アメリカにおいての1回目の隆盛期は、アムウェイを筆頭にした業界創建の時期です。

事業形態として、少しずつ足元を固めながら発展してきたアムウェイは、1回目の隆盛期の代表的な企業といえるでしょう。

2回目になると、1回目の成功企業をより発展させた、主にビジネスプランを参加者にとってより魅力的にするための競争でもあり、企業としては、ニュースキンやハーバーライフがそれにあたります。

2回目が頂点に達しようとする時に、新しいスタイルのビジネスプランを備えた企業群が登場してきました。

具体的に言うと、ユニレベル方式、バイナリー方式などのビジネスプランです。

これらの新方式は判りやすく言うと、従来型の仕組みより、収益をより広く分配する方式で、億万長者の誕生よりも、広く浅く分配の収益を目指すものと言われています。

この潮流が、現在までにつながって、生きているということになります。

240×240_c

寝ている間にダウンがザクザク獲得する方法→無料セミナー配信中

 

MLMビジネスとは、夢を実現させるものである!

副業に最適!1日2時間完全在宅ビジネスで、月収10万稼ぐ塾

240×150_c

MLMとは、日用品の販売ビジネスです。

売っている商品の多くは、毎日日常的に使っているものです。

それがどうして、人々を夢中にさせるのでしょうか。

それは、日常品の販売とともに、そのMLM企業のスピリッツをひろげているからなのです。

アメリカ人のチャレンジスピリッツとかアメリカンドリームとか、

そういった特徴的な自己実現を促進するような言葉の多くが、

MLM参加者を熱くするわけです。

つまり、MLMではとにかく収入の夢だけが前面にでてくるのもありがちなことです。

しかし、ディストリビューターから支持されているMLMは、皆どの企業も一貫したポリシーを持っており、創業精神や理念を大事にしています。

MLMでは、従業員でもない一ディストリビューターが誰でも企業のかかげるルールをしっているのも事実です。

MLMを外から見ていると、友人や知人を商売のタネにして儲けているのではないかと言う人がいるかもしれません。

実際のところ、そういう手段をとっているディストリビューターもいるでしょうが、あくまでもMLMの本当の姿は、

助け合う精神に基づくものです。

人を見たら商品を売りつけよう、MLMビジネスに誘って、他人を1人でも多くリクルートさせようと目の色を変えているような人には、誰も寄り付かなくなります。

MLMの本当の姿は、価値観を共有できる仲間をより多く集めることに他ならないのです。

収入だけの考え方では、普遍的な価値観になりずらいので、沢山の人々の支持を集められないし、第一長続きしません。

誰でもが共有できる価値観は、人それぞれの夢をかなえさせるということになります。

したがって、MLMのディストリビューターは、その人の夢をかなえることに、力を注ぐ訳です。

金銭のことだけではなく、自分の夢を応援してくれる人というのは、とてもしたわれるものです。

その結果として、まわりに多くの人々が集まり、それぞれ1人1人が価値観を共有してみんなビジネスを成功させていく。

それが、このMLMの世界で成功するということなのです。

寝ている間にダウンがザクザク獲得して、自分の夢をかなえる方法!

ネットでMLMバナー4

 

 

MLMの本質は?悪質マルチ商法との見分け方のポイント

〔副業〕完全在宅1日2時間で、まずは月10万稼ぐことから始めましょう!

hiyakuバナー

MLMの本質は、高品質な商品の販売をする、その流通過程において流通マージンを消費者に還元することをめざして、

無店舗個人に対して、商品の販売やあっせんにかかわるビジネスへの参入を勧誘することで、そのビジネスに関して、締結する自己の意思に基づいて行う商品の購入や仕入れを含む販売行為を伴う消費者参加型ビジネスの中で、マルチレベル方式の報酬システムを採用している販売方法にあります。

悪質マルチ商法と混合されないためにも、ハッキリと区別しておく必要があります。

MLM悪質マルチ商法を見分ける場合に、商品の販売とリクルートというビジネスを構成する要件の目的と手段の関係が重要になってきます。

悪質マルチ商法は、リクルーティングを目的としていて、商品の販売は手段に過ぎないのです。その逆ならMLMということです。

悪質マルチ商法もMLMも、表面上はビジネスの構成要件は、同様のものなので、ハッキリとした規定がなく、

そのビジネスを主宰する会社が好きなように、自社のビジネスの呼び方を決めています。

それぞれを外見から見分けるのは、部外者には困難なので、あくまでも販売の実態で見分けるのが良いです。

240×150_c

MLMの本質を見抜いて、

キチンと信頼のおける会社選び、商品選びが重要です。

今、インターネットとMLMの結合によって、

寝ている間にダウンがザクザク自動集客できる、

ネットワークビジネスに注目が集まっています。

ネットでMLM!!

しかもインターネットを使うので、今までのように、

少ない友達のリストアップも不要で、

友達を勧誘もしなくても、

インターネットなら、興味あのある人から、来てもらえるのです。

しかも、インターネットなら、

一歩も外出する必要もなく、

自宅のパソコンで、パジャマ姿で、コーヒーを飲みながら、

ビジネスが出来てしまうというものです。

 

 

 

 

 

 

ネットでMLMバナー4

 

副業に完全在宅ネットでMLM!自動集客から成約まで代行します!!

 

 

マルチ商法、数段階したからの不労所得

口コミ・勧誘しない、インターネットで自動集客するネットワークビジネス!

マルチ商法は、勧誘する際の材料として、数段階下からの不労所得的な報酬をかかげていることが多いようです。

ダウンと呼ばれる自分の下の会員に、さらに新規会員を勧誘させて活動を展開させ、一定額以上の商品を購入していかなければならないのが現実です。

それは実際にうたわれていませんが、ノルマのようなものです。

マルチ商法に加入して、加入者が期待しているような楽な生活が出来るほど高額収入を得るには、人並み以上の努力が必要であるため、

成功者と言われる加入者は、加入者全体からすれば、わずかな一部分というのは当然なことです。

マルチ手法は、法律違反による勧誘や、人間関係が崩れるのをおそれ断りにくい勧誘など、様々な問題のある勧誘活動があいつぎ、

全国の国民生活センターや消費生活センターに苦情や相談が寄せられ、マルチ商法を悪質商法であるとして、注意しています。

マルチ商法や、連鎖販売取引は、特定商取引に関する法律や、その他関係する法律を遵守する限り違法ではありません。

連鎖販売取引とマルチ商法が同義であるかは、各省庁、消費生活センターなど公的機関においても見解が分かれています。

経済産業省・警視庁・日本司法支援センターにおいては、

鎖販売取引とマルチ商法を同義で使用しています。

独立行政法人国民生活センターでは、マルチ商法をネズミ講的販売方式全般について、広く総称することを基本にしています。

地方自治体の消費生活センターでは、マルチ商法と連鎖販売取引を同義とする場合や、ネズミ講的販売方式全般について、広く総称している場合など、センター毎で異なり、統一されていあせん。

日本訪問販売協会では、特定商取引法の連鎖販売取引において、法規制を守らない悪質な商行為をマルチ商法と呼ぶことが多いとしています。

公的機関においても見解が一致せず、

消費者にとっては判りずらいのが現状です。

インターネットでダウン自動集客する完全在宅ネットワークビジネス!

悪質なマルチ商法によるトラブル例

インターネットで自動集客から成約までお任せください!!

悪質なマルチ商法によるトラブル例をあげてみましょう。

・必ず儲かると言われて、何十万もする高額な商品を買わされてしまった。

・大量の在庫を抱えさせられてしまった

・友達にただ会おうと誘われて、行ってみたら、高額商品を契約させられた

・何度も断ってはいるが、しつこく何度も勧誘される

・クーリングオフにおうじない

・一般的に考えてみても市場価格より高い商品を、絶対に儲かるからといってビジネスに誘われた

・概要書面や契約書類を渡してくれない

マルチ商法というのは、

「特定商取引に関する法律」の中で、連鎖販売取引として、定められた商品の販売方法です。

MLMつまりマルチレベルマーケティングというビジネス手法より、マルチ商法という言葉はきていて、

このマルチレベルマーケティングは、

口コミで消費を拡大していき、

やがては大きな流通を起こすことが目的のネットワークマーケティングのことです。

法律で定められたビジネスである以上、法律を遵守して、適正な営業活動を行っているうえではまともなビジネスです。

しかしマルチ商法というと、どうしても悪質なイメージがあり、その理由は、いくつか考えられますが、合法なビジネスとはいうものの、販売方法の形態から問題が起こりやすいビジネスといえます。

240×150_c

副業にネットワークビジネスを選ぶ人が増えています。

インターネットの時代に、もはや口コミ、勧誘は、

インターネットで集客する方が賢明では?

誰もがそう考えます。

友達勧誘するために100人リストアップしなければいけない、、

友達勧誘するのは、もうやめましょう!!

勧誘は、インターネットに任せましょう!!

友達100人リスアップなんて、意味のないことはやめましょう!

インターネットを使って、興味のある人にだけ説明すれば、

いいことですよね。

インターネットとMLMの結合によって、

副業に完全在宅ネットワークビジネスを選ぶ人が強上昇!

 

マルチ商法とネズミ講の勧誘の仕組みについて考える

一生涯権利収入が、毎月自分の銀行口座に振り込まれる方法!

マルチ商法=悪徳商法=商品価値のないものを高額で売っている

という認識をしている人は多いようです。

しかし今ではその認識は間違いです。

マルチ商法の中には、数千円の化粧品や健康食品など、日用品の販売が主流のものもあるのです。

マルチ商法に誘われた人の立場で考えれば、たかが数千円の商品をたとえ押し売りされたとしても、訴えてやろうとまでは、思わないでしょうし、よほど悪質なものでなければ、不満ももたずに購入し続けることもあるでしょう。

最近のマルチ商法の商品はだいたいまともなものが多く、価格ともに、良識な商品となっています。

また最近のマルチ商法では、やたらに人を勧誘しません。

社会一般には、マルチ商法とネズミ講とを同一視する考え方が、まだ多いようですが、法律で禁止されていて必ず破綻するネズミ講は、

マルチ商法とは違うものです。

マルチ商法では新規勧誘を行い、商品を売るだけですが、

販売員は会員の中から、この人はという人を選び出し販売員にならないかと話を持ち掛け、会員も自分が愛用してきて販売員のビジネスを始めてしまうことが多いのです。

この際のマルチ商法の勧誘文句は、

ネズミ講は商品がなくお金を下から吸い上げるだけだが、このビジネスは、商品を売るから全然違うということです。

どんなマルチ商法でも、形態上は下の会員は、自分のお金で商品を仕入れ、上の会員から商品を買わされるということは、不変と言えます。

そしてこの販売員には、決まった給料が支払われることはありません。

実際には、上層部は末端の会員からお金を吸い上げているという仕組みなのです。

 

240×150_c

今、ネットワークビジネスの集客方法が

インターネットによる集客方法が主流になってきました。

短期間で3000人の組織を作り、月収100万円以上を稼ぐことも

可能なんです。

もちろんそれには最新のインターネットのノウハウ、

完全な集客マニュアルが必要です。

私たちグルーINAは2000年からインターネットで集客して拡大中です!!

飽和状態になる前に、ご登録お急ぎください!!

I.N.Alogo